利用規約 入会案内へ戻る


せんまいけ高岡を利用していく上においての様々な「決まりごと」です。
必ずお読みください。


(理念)
第1条 ネットコミュニティ推進事業『せんまいけ高岡』(以下「『せんまいけ高岡』」という。)は、地域社会におけるコミュニティの発展を願い、高岡市民で構成する団体又は高岡市に関係する活動を行う団体を対象としてサービスを提供します。『せんまいけ高岡』に参加するもの(以下「参加団体」という。)は、『せんまいけ高岡』の提供するサービスを受ける権利と、『せんまいけ高岡』の発展に貢献する義務を持ちます。

(規約の目的)
第2条 『せんまいけ高岡』管理者(以下「管理者」という。)は、『せんまいけ高岡』の利用規約を定め、これによりネットワークサービスを提供します。

(規約の変更)
第3条 管理者は、この規約を変更することがあります。規約が変更された後のサービスの提供内容は、変更後の規約によります。
2 規約を変更する場合は、変更により影響を受ける参加団体に対し、事前にその内容について通知します。

(サービス内容)
第4条 『せんまいけ高岡』サービス(以下「サービス」という。)の内容は、以下のとおりです。
 (1) ホームページ掲載スペース(参加団体あたり1ギガバイトまで)
 (2) メールアドレス(代表アドレス)
 (3) メーリングリスト
 (4) その他サービスの維持管理に必要な情報の提供
2 前項第1号において、以下の機能の使用を認めます。
 (1) CGI
 (2) PHP
 (3) SSI
 (4) その他管理者が認めるもの
3 前項以外の機能を使用してホームページを作成することを禁じます。

(参加団体の要件)
第5条 参加団体となるためには、以下の条件を満たしている必要があります。
 (1) 3名以上の構成員からなる団体であること
 (2) 高岡市民で構成している、又は高岡市に関係する活動を行っていること
 (3) 団体の代表者の年齢が満20歳以上であること

(申込みの申請及び承認)
第6条 参加を希望するものは、管理者に対し所定の方法でサービスの利用を申請し、管理者がこれを承認することにより、サービスを利用することができます。
2 管理者は、第7条の場合を除きこれを承認します。

(サービス利用の不承認及び承認の取消)
第7条 管理者は次に掲げる事由に該当する場合は、申込みを承認しないことがあります。
 (1) サービスの利用申込をした者が実在しないとき
 (2) 登録時の記入項目に虚偽の記載、誤記、または記入漏れがあったとき
 (3) 第15条における行為を目的とするとき
 (4) その他管理者が参加団体とすることを不適当と判断したとき
2 管理者は承認後であっても承認した参加団体が前項のいずれかに該当することが判明した場合、承認を取り消すことがあります。

(変更の届出)
第8条 参加団体は、住所・氏名等、サービス利用申込時に申告した内容のうち変更があった場合には、速やかに管理者へ所定の方法で変更の届出をするものとします。

(更新手続及び有効期間)
第9条 参加団体は、継続してサービスの利用を希望する場合、所定の方法で更新手続を行うものとします。
2 申請手続、及び更新手続の有効期間は、入会した日もしくは4月1日から翌年の3月31日までとします。

(退会)
第10条 参加団体が退会する場合は、所定の方法にて管理者に届出をするものとします。

(参加団体の義務)
第11条 参加団体は、サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となるすべての機器を、自己の費用と責任において準備するものとします。また自己の費用と責任で、任意の通信手段を経由してサービスに接続するものとします。
2 参加団体がサービスの利用において第三者に損害を与えた場合、参加団体は自己の費用と責任をもって解決し、管理者に迷惑、損害を与えることのないものとします。
3 参加団体は、参加を承認された日から起算して3ヶ月以内にホームページを立ち上げ、活動の紹介を行うものとします。

(私的利用の範囲外の利用禁止)
第12条 参加団体は、サービスを通じて入手したいかなる情報をも複製、販売、出版その他私的利用の範囲を超えて使用することができません。ただし、管理者が承認した場合を除きます。

(利用の停止)
第13条 管理者は、参加団体が次のいずれかに該当する場合は、そのサービスの利用を停止することがあります。
 (1) 第14条、または第15条の規定に違反した場合
 (2) サービス利用開始時に虚偽の申告をした場合
 (3) サービスを直接または間接に利用する者の当該利用に対し重大な支障を与える態様においてサービスを使用した場合
 (4) サービスの運営を妨害した場合
 (5) 更新手続を行わない場合
2 管理者は、停止する理由を通知します。

(譲渡禁止)
第14条 参加団体はサービスの参加団体として有する権利を第三者に譲渡もしくは使用させたり、売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供したりする等の行為はできないものとします。

(その他の禁止事項)
第15条 前二条の他、参加団体はサービス上で以下の行為をしてはいけません。
 (1) 営利を目的とした行為(広告収入を目的としたバナーの掲載なども含みます)
 (2) 公序良俗に反する行為
 (3) 犯罪的行為に結びつく行為
 (4) 他の参加団体又は第三者の著作権を侵害する行為
 (5) 他の参加団体又は第三者の財産、プライバシー等を侵害する行為
 (6) その他、法律に反する行為
 (7) 他の参加団体又は第三者を誹謗中傷する行為
 (8) 選挙の事前運動、選挙運動又はこれらに類似する行為及び公職選挙法に抵触する行為
 (9) 政治活動、思想活動や宗教活動に類する行為
 (10) 高岡市以外の自治体が行うべき性質の広報活動等
 (11) 本サービスの運営を妨げ、或は管理者の信頼を毀損するような行為

(機密保持)
第16条 管理者は、サービスの提供に関連して知り得た参加団体の機密情報を、サービスの提供以外の用途に使用せず、またこれを第三者に漏洩しないものとします。

(提供の一時的な中断)
第17条 管理者は、次の場合においてサービスの提供を中断することがあります。
 (1) サービス用設備の保守上または工事上やむを得ないとき。
 (2) 通信事業者およびプロバイダの都合によりサービス用通信回線の使用ができなくなったとき。
2 管理者は、前項の規定によりサービスの提供を中断するときは、あらかじめその旨を参加団体にお知らせします。ただし、緊急かつやむを得ない場合はこの限りではありません。
3 管理者は、本条第1項各号の場合その他の事由によりサービスの提供の遅延または中断等が発生したとしても、これに起因する参加団体または他の第三者が被った被害について一切の責任を負いません。

(利用料金)
第18条 参加団体がサービスを利用するための利用料金は無料とします。
2 参加団体がサービスを利用するための通信費用は、利用する通信事業者に対し別途必要となります。

(免責)
第19条 管理者は、参加団体がサービスの利用に関して被った損害については、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の責任を問わず賠償の責任を負いません。

(賠償責任)
第20条 参加団体の行為により管理者に損害が発生した場合、その参加団体に対し損害の賠償を請求するものとします。

(その他)
第21条 上記規約にないものは、管理者の定めるところによるものとします。

附則

(施行期日)
この規約は、平成15年8月1日から施行します。



利用規約 入会案内へ戻る